東郷青児「想い出の城」絵画 額付 版画 リトグラフ


東郷青児「想い出の城」リトグラフです。日本はもちろんのこと、フランス芸術文化勲章の受章など海外においても地位を確立した東郷青児。彼は生涯、独創的な女性の美を描き続けました。


【作品情報】
作家名:東郷青児
作品名:「想い出の城」
技法:リトグラフ
サイズ:縦45cm×横38cm
額サイズ:縦73cm×横63cm
エディション:限定500部
サイン:遺族サイン(東郷たまみ)
状態(作品):良好
状態(額):新品

【略歴】
東郷青児(とうごう・せいじ:1897-1978)
1897年(明治30年)鹿児島県鹿児島市に生まれる。熊本県熊本市で没。
1914年(大正3年)青山学院中学を卒業後、有島生馬に師事した。1916年(大正5年)第3回二科展を受賞。1921年(大正10年)〜1928年(昭和3年)渡仏。帰国後二科展に滞欧作を発表し認められる。1931年(昭和6年)に二科会会員となる。1957年(昭和32年)日本芸術院賞を受け、同年と1959年(昭和34年)の日本国際美術展で大衆賞を受賞。1960年(昭和35年)日本芸術院会員となり、翌1961年(昭和36年)二科会の会長に就任した。1976年(昭和51年)には東京新宿に東郷青児美術館(現・SOMPO美術館)が開館。戦後二科会の再建に努力し、長く同会の指導的な立場にあった。

【スタッフのコメント】
幻想的な背景の前でたたずむ女性の神秘的な美しさが際立っている作品。画伯の愛娘・東郷たまみさんによる承認者直筆サインとエディションナンバーが入っています。この作品は点数に余裕があります。この機会にいかがでしょうか?
販売価格 75,000円(税込)
在庫状況 3